DHAとEPAってコレステロールを下げる効果が期待できるの?

DHAとEPAの健康への影響はどんなものかと言うと血中のコレステロール値を下げる効果が期待できます。

 

なぜかというとDHAもEPAも脂肪酸の一種なのですが、そのなかでも身体に蓄積しにくい脂肪酸だからです。そのためエネルギーに変わりやすくダイエット中の人でも安心です。

 

また、血中の中性脂肪を減らす効果も期待できます。中性脂肪を減少させることにより血液にある悪玉コレステロール値が下がるので血管がつまりにくくなり、脳梗塞や生活習慣病の予防ができるのです。

 

DHAやEPAは青魚に特に多く含まれています。しかし、旬の魚にも含まれているので、鮮度の良い真鯛にも豊富です。そのため、青魚が苦手という方は鮮度の良い他の魚を食べることによって摂ることができます。

 

魚そのものが苦手、毎日魚を食べるのが難しいという人にはDHAを簡単に摂取できるサプリメントが市販されているのでサプリメントを利用するのも良いでしょう。熱に弱いDHAは魚を煮たり焼いたりすると栄養素が失われやすいのですがサプリメントなら効率良く摂取できます。

 

コレステロールが気になる人は旬の魚を食べたりサプリメントを利用するのがおすすめです。

 

執筆者:ひろみ