DHAとEPAって魚からたくさん摂取できるの?

DHAとEPAは魚から摂取できます。これ以外でも含まれている食べ物はいくつかありますが、やはりその含有量では海の恵みである魚類がトップクラスです。

 

種類としては鮪や鰤、鯖や秋刀魚などの青魚に特に多く含まれています。

 

DHAやEPAは不飽和脂肪酸に分類されるもので、常温ではさらさらした液状で固まりにくいのが特徴です。

 

そしてこれらの栄養素は人間の体にとって必要でありながら、体内で生成できない油なので食事などで摂る必要があります。

 

DHAには記憶力や脳機能を高める効果や視力の改善への効果が期待できます。一方のEPAには血液を固まりにくくする効果や、高血圧を予防して更には中性脂肪を減少させる効果が期待できます。

 

ですから魚を積極的に食べ、これらの成分を体に取り入れると健康にさまざまな良い効果が期待できます。

 

しかし魚が苦手という人や毎日調理するのが難しいという人も多いと思うのですが、そのような人にはDHAやEPAのサプリメントがおすすめです。

 

サプリメントなら魚特有の生臭さもないので魚が苦手な方でも続けやすく必要な量をしっかり摂取しやすいのが嬉しいですね。

 

執筆者:ひろみ