DHAやEPAってどんな効果があるの?改善が期待できることについて

DHA、EPAは体に良い成分とされていますがその効果はどのようなものでしょうか。

 

ドコサヘキサエン酸をDHA、エイコサペンタエン酸をEPAと呼んでるのですが、どちらも魚油に含まれる脂肪酸です。人間の脳や目、心臓、母乳などに含まれています。

 

DHAは脳の働きを活発にする効果、EPAは血管をきれいで丈夫にする効果が期待できます。

 

共通の効果としては、血管が詰まる原因となる悪玉コレステロール値を下げる、乾燥肌や便秘を改善する、ストレスに強くなりうつ症状を改善するのに効果的といったものがあります。

 

摂取基準はともに一日に1g以上です。魚が苦手な人はサプリメントで摂ることができます。

 

また、熱に弱い栄養素であることから、魚を食べるときは加熱調理よりも生の刺身などで食べると栄養素が失われることを防げます。

 

血液をさらさらにする効果が期待できることから過剰に摂ると血が止まりにくくなる場合があるので摂取しすぎないように注意しましょう。

 

 

執筆者:ひろみ